日本冬虫夏草研究の目的

冬虫夏草の持つ抗腫瘍性研究の始まり

冬虫夏草の持つ抗腫瘍性に関する研究は自然薬食微生物研究所の創始者であり所長の矢萩禮美子氏と同研究所の名誉顧問で薬剤師の矢萩信夫氏らによって始まりました。

矢萩禮美子氏は義姉の患った白血病や病院での勤務を通して、多くの入院患者が病の影響以外に抗がん剤などの病院治療の副作用によるQOL(生活の質)の低下に悩まされてたことから、 副作用のない生活習慣病(主にがん)の改善を目標に様々な有用微生物の研究を行うようになったといいます。

開始当時は抗がん作用を持つの民間薬として扱われブナの木などの植物が持つ免疫力を高める成分を養分として子実体(キノコ)を形成するサルノコシカケの生態に注目して研究を行っていましたが、 1967年にオガクズ培地で偶然採集された、昆虫に寄生して虫体成分を栄養として子実体を形成する冬虫夏草の生態に興味を持ち1968年より研究が開始しました。

1977年に日本医学会東北支部大会にて東北薬科大学癌研究所の佐々木健一教授、石川正明先生らと矢萩信夫・禮美子らの共同研究成果として『ハチタケの人工培養とその抗腫瘍性について』の発表を行い、 冬虫夏草に抗腫瘍性成分が含まれている事を世界で初めて明らかにしました。

その後、研究開始から10年以上の長い月日をかけて野外と同じ形態をもった冬虫夏草の人工培養技術を確立して冬虫夏草に含まれる個体差や希少性の問題を改善し、今日までの研究で虫草菌類の二次代謝産物 に様々な抗腫瘍性が含まれることを明らかにしました。

我々は以前から菌類を利用した副作用のない制がん作用についての研究を行っており、そのときは植物の栄養分を吸収して生きるサルノコシカケの研究をおこなっておりました。
サルノコシカケが寄生したブナの木などの植物からは寄生菌から身を守ろうとする成分がキノコ部分に集まり、その成分には免疫機能を高めてがん細胞の増殖を防ぐ働きがあります。
昭和42年頃にオガクズ培地で行った採集の最中にキノコの判明に困り、菌類の研究者である清水大典先生の元に訪れたところ、部屋の壁に掛けられていた一枚の絵が私の目に止まりました。 その絵について先生に尋ねたところ「これは冬虫夏草と言うキノコで、昆虫に菌が寄生し、その栄養分を吸いながら育つ」と教わりました。 この奇妙なキノコとの出会いが冬虫夏草研究のきっかけとなったのです。


キノコ類にはタンパク質分解酵素が含まれております。
冬虫夏草は、このタンパク質分解酵素を利用することで昆虫の細胞成分であるタンパク質を分解して育ちます。
この事から冬虫夏草は虫にとっては病原菌のようなもので、虫の天敵ともいえるでしょう。
実は、人間に発生するがん細胞も同じようにタンパク質で形成されており、我々は人間の細胞を餌にして増殖するがん細胞も丁度ブナの木とサルノコシカケの関係と同様な関係にあるのではないかと思え、冬虫夏草に抗がん効果があるのではないかと考えたのです。
冬虫夏草はハチに寄生するのはハチタケ、ニイニイゼミの幼虫に寄生するセミタケなど、寄生する虫の種別によってそれぞれ寄生する菌種やタンパク質分解酵素、虫体成分も異なるため、昆虫の種によって現れる薬効も変わります
我々はその不思議な生態に興味を抱き、制癌効果に対する新たな可能性を感じ、冬虫夏草の抗腫瘍効果の研究を始めることになりました。


ですが、それは簡単にできるものではありませんでした。
薬理研究者の元を訪ね、動物実験の協力をお願いすると「トラック一杯分の冬虫夏草があればできる」と答えられたのです。
冬虫夏草は、それを見つけることさえも困難といわれている希少なキノコです。
トラック一杯分を探していたら何百年かかるかわかりません。


そこで、我々は自然界で希少なものなら、シイタケなどのように人工的に培養して増やせばいいのではないかと考えたのです。
人工培養の為に、我々の新たな冬虫夏草の研究が始まり、それから十年もの長い月日を経て、念願だった冬虫夏草の人工培養に成功しました


培養に成功した冬虫夏草を使った実験を重ねた結果、昭和52年の日本医学会東北支部大会にて、東北薬科大学癌研究所・佐々木健一教授、石川正明先生らと矢萩信夫・禮美子の共同研究である『ハチタケの人工培養とその抗腫瘍性について』の発表を行い、その結果冬虫夏草に抗腫瘍性がある事を世界で初めて明らかにしました