がん(癌)の知識

がんを患ってしまった方へ

皆様はがんについてどのような知識をお持ちでしょうか。
「がん」で亡くなる人は年々増加傾向にあり、日本人の死因の第一位で全死亡者のおよそ1/3を占めており、年間30万人以上の方々ががんで亡くなっています。
今やがんは特別な病気ではなくどなたの周りにでも起こりうる普通の病気なのです。

一般的にがんは完治が難しく症状の重い、死亡率が極めて高い難病として浸透してはいますが、 多くの方はがんを患ってから始めてがんの知識の詳細に目を向けているものだと思います。

がんの研究は世界中で続けられており、日本でもがん研究は今から100年以上前から続けられています。
しかし、未だにがんについては不明点や医療の専門家でも意見が分かれる部分も数多くございます。

患者はがんに関する知識不足から治療方針や治療の方法に関する判断を専門家である医師に任せてしまう方もいますが、 がん治療方法は治療方法を提示された患者さん本人が最終的に決定する必要があります。
これは現代のがん治療方法は数多く存在し、それぞれメリットとデメリットが異なるためです。
発生部位やステージごとの治療方針の目安はあっても、患者毎に延命、治癒、QOLの維持などのなにを優先したいかによっても行う治療方法も変わる場合があります。
このため、満足のいく治療を行うためには患者や周囲のご家族ががんについて正しい理解を持つ必要があります。

がん治療の効果量は同部位同ステージのがんであったとしてもがん治療は効果量には個人差が大きく、同様に副作用の度合いも患者によって異なります。

現在の病院で行われるがん治療の多くには無視できない副作用があり、効果は有無とは関係なしにQOLの大幅の低下を招く例や、場合によっては副作用を原因として亡くなる方もいらっしゃいます。

だからこそ、後悔のない選択を行うにはがんの知識を得ると共に、治療方法の利点だけではなくデメリットにも目を向けて、患者本人の希望に合わせた治療方法を選択するための知識が必要となってくるのです。

無視してはいけないQOLの大切さ

皆様は「QOL」という言葉をご存知でしょうか。
QOLはQuality Of Life(クオリティ・オブ・ライフ)を訳した言葉で、医療の現場で『生活の質』を意味している言葉です。

がん治療はがん自体の症状と共に副作用との戦いでもあり、治療によって延命されたとしても、副作用によって呼吸機能不全や睡眠障害などでこれまで通りの生活を送ることが難しくなる患者は数多くいらっしゃいます。

QOLの向上は患者本人の肉体的な問題だけではなく患者の生活を支える家族の皆様の精神面でのケアにも繋がり、現在の医療治療では重要視され始めている要素です。

日本冬虫夏草は服用することでがんやがん治療によって低下してしまいがちなQOLの改善や免疫力や悪液質の改善を手助けすることで、食欲不振や炎症、腹水などの他、 がんに関連した様々な症状を軽減させる効果が期待できます。

がんを患う原因について

がんを患うのは日頃の生活習慣による免疫力の低下やウィルスなどによる慢性的な炎症が原因となっていると考えられています。

がん細胞とは元来は正常であった細胞に傷がついてしまい変化してしまった細胞だと考えられ、健康な人であっても毎日作り続けられています。
健康な人の体でがん細胞が定着しないのは、がん細胞が成長し始める前にこのがんの種が免疫などで排除されるからです。

しかし、生活習慣の乱れた患者や高齢の方の場合などで免疫力が低下してしまっている場合や慢性炎症によってがんの種となる細胞が増えすぎてしまっていると、がん細胞が免疫の チェックを逃れて増殖を始めてしまうと考えられ、これががんを患う主要因となっていると考えられます。 このようにがんの発症と免疫は深い関係にあり、がん細胞の障害となる免疫力の向上は重要な要素の一つだといえるでしょう。



以下はがんについて知っておきたいと思われる知識をまとめたページとなります。


がん一般情報
がんについての一般的な情報をまとめました。


がん部位別情報
がんの症状や診断方法、治療方法などを部位別にまとめました。