がん(癌)部位別情報

◆甲状腺がん

甲状腺は頸部(首)の正面、喉頭(のどぼとけ)の下に続く気管を取り巻くように位置します。
蝶が羽を広げたような形でサイロキシンという細胞の新陳代謝に関与するホルモンを分泌しています。

甲状腺からは男女に関わらず一定量のホルモンが分泌されていますが、これが過剰になったり不足すると体調が悪くなります。
脳の下垂体から出る甲状腺刺激ホルモンが甲状腺ホルモンの分泌を調整しています。

甲状腺がんは「乳頭がん」「濾胞がん」「髄様がん」「未分化がん」の4つのタイプがあり、それぞれのがんで性質が異なります。

乳頭がんは甲状腺がんのうち9割を占めるがんで、女性に多く発生するがんになります。
40歳代〜50歳代の比較的若い人に多く発生しますが、おとなしい成長の遅いがんで、離れた臓器に転移することはあまりなく、また若い人ほど予後が良好であるという性質があります。
乳頭がんのうち90%は性質のおとなしいタイプ(低危険度)なのですが、10%は遠隔転移や浸潤をする悪性度の高い(高危険度)ものもあります。

リンパ節によく転移をしますが、予後にはほとんど関係しません。
50歳未満で遠隔転移が無い低危険度群の甲状腺乳頭がんの場合の予後は10年生存率で95%以上、20年生存率でも90%以上ととても高くほとんど乳頭がんで命を落すという可能性はないと考えられます。

しかし、高危険度群すなわち50歳未満でも肺や骨への遠隔転移がある場合や50歳以上で3cm以上の大きな腫瘍があり、甲状腺外にも浸潤があるような場合には10年生存率は7割程度となります。
とはいっても他のがんに比べれば圧倒的に高い生存率であることは間違いありません。

濾胞がん(ろほうがん)は甲状腺がんのうち5%程度を占めるがんで、やはり40歳〜50歳代の女性に多く発生します。
性質はおとなしいのですが、一部血流に乗って肺や骨などに遠隔転移をすることがあります。
この場合は予後は不良となります。

生存率も遠隔転移が無い場合には乳頭がん同様の良好なものになります。

髄様がんは甲状腺がんの1〜2%程度の稀ながんで、他の甲状腺がんとはことなり、カルシトニンというカルシウムの代謝に関わるホルモンを分泌する甲状腺傍濾胞細胞ががん化して起こります。
半数近くが遺伝的体質によるもので、その場合には同時に副腎の褐色細胞腫や副甲状腺の過形成などの病気を合併することがあります。
悪性度は乳頭がんや濾胞がんと比べると悪くなりますが、未分化がんよりは良いとされています。

他の家族(両親、子供、孫、兄弟姉妹、姪や甥、おじ、おば)などに同様の患者がいる場合には、あらかじめ遺伝子検査をして、以上が発見された場合にはあらかじめ甲状腺の摘出を行うことでがんになる確率を抑えることができます。

リンパ節への転移があると予後は悪くなり、肺や肝臓への転移がある場合には治療は難しくなります。
5年生存率は7割程度とされています。

未分化がんは甲状腺がんの2〜3%程度と稀ながんですが、他の甲状腺がんとは比較にならないほど悪性度が高く、極めて急速にがんは進行し予後は不良で1年以上の生存でさえ少ないといわれています。

 

↑上に戻る

【甲状腺がん(癌)の症状】

甲状腺がんは初期にはほとんど症状がありません。
がんが進行してくると声帯の運動を司る反回神経を障害しやすく声がかれる嗄声(させい)が起こったり、気管や食道にがんが進行すると呼吸困難や血痰、嚥下障害などの症状が出ることがあります。

喉にかたいシコリがでたり、リンパ節が腫れることもあります。

悪性度の高い未分化がんの場合には、炎症症状や発熱、疲労感、体重減少など全身症状を伴うことがあります。

【甲状腺がん(癌)の検査】

甲状腺がんの検査の基本は触診になります。
触診をすることで腫瘍の有無や形、数などがある程度わかります。
甲状腺がんが疑われる場合には続いて超音波検査や細胞診が行われます。

◆超音波検査

放射線の被爆なしに甲状腺の大きさや内部の様子、リンパ節腫大の様子を痛みなく診断することができます。
がんかどうかのおおよその目安も付き、ごく小さな5ミリに満たないがんでも見つけることができます。

◆穿刺細胞診

注射針でがんが疑われる部分の細胞を採取し、顕微鏡で確認する方法で、確定診断ができます。

◆CT検査

CT検査(CTスキャン)はいろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影しコンピュータを使って非常に鮮明な画像を得ることができます。
周囲の臓器やリンパ節転移の有無を調べることができ癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。

◆MRI検査

MRI検査は磁場を使っていろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影する検査です。
周囲の臓器やリンパ節転移の有無を調べることができ癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。

◆シンチグラフィー

シンチグラムというのは、放射性物質を用いて、体内のその物質に親和性のある組織への集積を調べる方法のひとつで、ガリウム、テクネシウム、ヨードなどの種類があります。
甲状腺がんの性質や遠隔転移の検査ができます。

<血液検査>

髄様がんの場合血液中のカルシトニンやCEAなどの腫瘍マーカーが上昇するためがんの診断が可能になります。

◆CEA 基準値 5.0ng/ml以下

CEAは甲状腺がん(髄様がん)、食道癌や胃がん、大腸がんなどの消化器癌、胆道癌、膵癌、肺癌などのさまざまな臓器由来の癌に幅広く出現するため、その診断補助および術後・治療後の経過観察の指標として有用性が認められています。

◆カルシトニン 基準値 15〜86pg/ml以下

甲状腺から分泌されるペプチドホルモンで、血中カルシウム濃度を低下させる作用があります。
甲状腺髄様癌にて値は高くなります。

 

↑上に戻る

【甲状腺がん(癌)の治療】

<治療方法を決めるにあたり>

がんの治療は、医師の協力の下で治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し患者さんが最終的な治療方法を最終的に決定する時代になりつつあります。

また医療の進歩とともに治療方法も多様化してきており、医師によって治療方法が異なることは珍しくなく、主治医以外の医師の意見を聞くセカンド・オピニオンを求めることが必要な時代になってきました。

詳しくは「インフォームド・コンセント」「セカンド・オピニオン」についてをご覧下さい。


甲状腺がんの治療方法としては以下の4種類の治療方法があります。
外科療法(手術)、放射線療法/放射性ヨード療法、ホルモン療法、化学療法(抗癌剤)このうち未分化がんを除く他の甲状腺がんでは外科療法(手術)が最も一般的な治療方法になります。

<外科療法(手術)>

外科療法は甲状腺がんの治療の基本となるもので最も確実な治療法になります。
甲状腺は左葉と右葉、その中心にある峡部に分けられます。
がんの拡がり具合によって切除範囲が決まり次の方法があります。

◆葉切除術

甲状腺は蝶が羽を広げたように二葉からできていますが、このうちがんが認められた片側だけを切除する方法です。
また片側のリンパ節も同時に切除しがんがリンパ節に転移しているかの検査(生検)をします。


◆甲状腺亜全摘術

少しの部分を残して大部分の甲状腺を切除する方法です。もちろん、リンパ節の検査もおこないます。


◆甲状腺全摘術

甲状腺全体を摘出する方法です。


◆リンパ節郭清術

がんが転移している頸部リンパ節を切除する方法です。
他のがんと違いリンパ節に転移があっても予後にはほとんど影響がありません。


◆放射性ヨード療法/アイソトープ療法

放射性ヨード療法は甲状腺がん特有の治療方法で、甲状腺だけが体内でヨードを取り込む性質があることを応用したものです。
甲状腺全摘出後に、ヨードに放射能を付けたものを内服すると、甲状腺由来の部分、つまり甲状腺がんの遠隔転移部位に取り込まれる可能性が高く、そこで放射能を放出すればがん細胞が壊死するという仕組みになります。

[低危険度群乳頭がんの治療]

<乳頭がん>

乳頭がんの治療の中心は手術になりますが、基本的な方針は2つにわかれます。
一つは日本のほとんどの施設で取り入れられている方法で、乳頭がんの広がり具合に応じてできるだけ狭い範囲を切除し、術後の補助療法(ホルモン療法や放射性ヨードなど)はなるべく行わないというもの、二つ目が欧米式の考え方で、すべての乳頭がんに対して甲状腺の全摘出を行い、術後には放射性ヨードによる治療と一生涯にわたる甲状腺ホルモン剤による治療を行うというものです。
リンパ節の郭清についても予防的に広範囲のリンパ節を郭清する方法と転移があきらかとなったリンパ節のみを切除する方法とがあり、施設によりばらつきがあります。
通常医療はEBM(Evidence Based Medicine)といって根拠あるデータに基づいて行われていますが、低危険度群の乳頭がんの場合にはどのような治療でも予後がよく、がんで命を落すことが稀であるため、統計的にどの方法がベストなのか結論を出すに至っていないため施設毎に考え方が異なることがあります。
全摘出と葉切除・亜全摘術のメリット、デメリットを簡単にまとめます。

メリット デメリット
全摘出

・術後、放射性ヨードにより再発検査、治療が容易
・血中サイログロブリン値による再発のチェックが容易
・乳頭がんに多い多発微小病巣を残す可能性が低い

・医師の経験などにより術後の合併症発生の頻度が高い
・生涯にわたり甲状腺ホルモン剤の内服が必要になる

葉切除/亜全摘

・反回神経麻痺や副甲状腺機能低下などの合併症の頻度が低い
・甲状腺ホルモンの補充が必要にならない

・放射性ヨード治療を行う場合、改めて残存甲状腺を切除する必要がある
・残った甲状腺にちょっとした変化があるだけで血中サイログロブリン値が変動してしまうため再発のマーカーとならない
・残した甲状腺に微小な乳頭がんが残る可能性がある

[高危険度群乳頭がんの治療]

肺や骨に遠隔転移のある場合には、甲状腺の全摘出後、放射性ヨードによる治療を行いますが、この治療により遠隔転移を完全除去することはほぼできません。

その場合には放射線照射や化学療法(抗癌剤)などの治療と手術を繰り返すことで病気と付き合っていくことになります。
喉頭や食道、咽頭などに浸潤している場合にはその部分も切除することになります。

このような治療を続けても次々と再発してしまう場合もあり、中には、悪性度の高い未分化がんの状態に陥ることもあります。 未分化がんになると非常に進行が早くなり予後も悪くなります。

<濾胞がん>

濾胞がんの場合も治療の中心は外科手術になります。
濾胞がんは乳頭がんと比較するとリンパ節転移や気管や食道などへ直接浸潤することは少ないのですが、一方で血液を介して肺や骨などに遠隔転移する可能性があります。

そのため濾胞がんの場合甲状腺全摘出が行われることが多いのですが、前述したように術後のQOL(Quality Of Life=生活の質)を損なう合併症のリスクが高いため、遠隔転移しない可能性が高い濾胞がんと診断された場合には全摘出を行わないこともあります。

転移する可能性が高い場合には全摘出をして放射性ヨードで全身の検索をし、転移病巣が見つかった場合には放射性ヨードによる治療を行えばよいという考えもありますが、確実に遠隔転移しやすいか、否かを見分ける方法は現時点ではなく、状況判断で行う場合が多いようです。

<髄様がん>

髄様がんの場合も治療は手術が中心となります。甲状腺の全摘出とリンパ節郭清を行います。

遠隔転移が見られる場合には化学療法などが行われますが、予後は乳頭がんや濾胞がんなどと比較すると悪くなります。

<未分化がん>

大変予後が悪いため確立された治療方法はないのが現状です。
手術や放射線、化学療法などを集中的に行った患者のごく一部に長期生存した例があるていどであり、全身への転移が認められた場合には医学的治療法はありません。

未分化がんの場合治療法として確実なものが無いため、積極的な治療がかえってQOLを損ない、余命までも短縮してしまう場合があるため、できるだけ治療を行わないで、主に対処療法だけを行うことも選択肢の一つになります。

未分化がんの場合には手術と放射線療法、及び抗がん剤を使った強烈な治療がとられることがあります。

放射線療法や抗がん剤を用いた化学療法では白血球減少による免疫力の低下が起こりやすいため体を清潔に保つことが大切ですし、規則正しい生活を送る必要があります。
免疫力を賦活させることが大切
です。

また、骨髄損傷による白血球減少、血小板減少、貧血などが起こりやすいため造血機能を強化することも大切になります。

→ ご相談、お問い合わせはこちらから

↑上に戻る