がん(癌)部位別情報

◆唾液腺がん

唾液腺とは唾液(つば)をつくる組織のことで、大唾液腺と小唾液腺に分けて考えられます。さらに大唾液腺には耳下腺と顎下腺、舌下腺がありこの部分で作られた唾液は管を通じて口腔内(口のなか)に導かれます。

一方の小唾液腺は口の中の粘膜やのどの粘膜の一部に存在し、直接口の中に唾液を分泌しています。

唾液腺がんとはこれらの唾液をつくる組織に発生するがんであり、耳下腺がん、顎下腺癌、舌下腺がん、小唾液腺がんに分類されます。

ただし小唾液腺がんは通常、口腔がんとして扱われるため口腔がんの欄をご覧下さい。

唾液腺がん(癌)は頭頸部がんの一種ですが、頭頸部癌の3%程度ととても稀ながんになります。

唾液腺がんのうち最も多いのは耳下腺がんで唾液腺がんのうち60〜70%、続いて顎下腺がんが20〜30%、舌下腺がんは数%になります。

【唾液腺がん(癌)の症状】

耳下腺がん、顎下腺がん、舌下腺がんで症状が異なります。

耳下腺がんでは耳下部の痛み、腫れなどが現れることがあります。また、がんが神経に浸潤した場合には顔面神経麻痺が起こることがあります。

顎下腺がんでは顎下が腫れてきます。また痛みがでることもあります。

舌下腺がんでは口の中の舌の下が腫れてきたり顎の骨の下が腫れてきたりします。硬く腫れてきて痛みが伴うような場合には舌下腺がんである可能性が高くなります。

全ての唾液腺がんで頚部(首)のリンパ節にシコリが触れることがあります。

 

↑上に戻る

【唾液腺がん(癌)の検査】

唾液腺がん(癌)の検査は、視診触診が最初に行われます。患者さんの口の中を専門医が詳細に観察し、触ったり見ることで検査します。

また首のリンパ節(頚部リンパ節)に転移しやすいため丁寧に触診しリンパ節の腫れ具合なども確認します。

がんが疑われる場合には、組織の一部を採取して顕微鏡で調べる生検が行われ、がんが確定されます。

がんが確定されるとCT検査、MRI検査などの画像検査によってがんの進行度や転移の有無を調べます。

◆穿刺細胞診

注射針でがんが疑われる部分の細胞を採取し、顕微鏡で確認する方法です。

他の頭頸部がんの場合には細胞診で確定診断ができますが、唾液腺がんの場合には病理組織型の診断は手術で腫瘍を摘出し、詳細を顕微鏡で見ることで得られるとされています。

◆CT検査

CT検査(CTスキャン)はいろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影しコンピュータを使って 非常に鮮明な画像を得ることができます。他の組織やリンパ節転移の有無を調べることができ癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。

◆MRI検査

MRI検査は磁場を使っていろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影する検査です。 他の組織やリンパ節転移の有無を調べることができ癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。

 

↑上に戻る

【唾液腺がん(癌)の治療】

<治療方法を決めるにあたり>

がんの治療は、医師の協力の下で治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し患者さんが最終的な治療方法を最終的に決定する時代になりつつあります。

また医療の進歩とともに治療方法も多様化してきており、 医師によって治療方法が異なることは珍しくなく、主治医以外の医師の意見を聞くセカンド・オピニオンを求めることが必要な時代になってきました。

唾液腺がんの治療法は「外科療法(手術)」が中心になります。「放射線療法」や「化学療法(抗がん剤)」は唾液腺癌にたいしてはほとんど有効性はなく、行うとしても補助的な意味合いで治療が行われるに過ぎません。

一部の唾液腺がんで放射線の感受性が高いがんがあり、その場合には放射線療法が行われることがあります。

詳しくは「インフォームド・コンセント」「セカンド・オピニオン」についてをご覧下さい。

【唾液腺がんの治療(手術)】

<耳下腺がんの手術>

耳下腺がんの大きさが大きくなく、また浅葉という部分に限局していて、性質がおとなしいと判断された場合には耳下腺浅葉切除術が選択されることがあります。

時か腺癌がある程度の大きさだが、耳下腺の中に納まっている場合には耳下腺全摘術が行われます。

さらに癌が進行していて耳下腺の周辺組織まで浸潤している場合には拡大耳下腺全摘術が行われます。がんの周りの皮膚組織や筋肉、骨の一部などが一緒に切除されます。

<顎下腺がんの手術>

顎下腺の中に癌が限局している場合には顎下腺全摘術が行われます。さらに癌が進行していて顎下腺の周辺組織まで浸潤している場合には拡大顎下腺全摘術が行われます。がんの周りの皮膚組織や筋肉、神経、骨の一部、口腔粘膜などが一緒に切除されます。

<舌下腺がんの手術>

口腔がんの治療と同様の手術が行われます。

 

唾液腺がんで首のリンパ節に転移がある場合にはそれらのリンパ節も切除(郭清)します。これを頚部リンパ節郭清といいます。

→ ご相談、お問い合わせはこちらから

↑上に戻る