がん(癌)部位別情報

◆咽頭がん

咽頭がん(癌)は頭頸部がんの一種です。

咽頭は、鼻の奥から食道までつながっている器官で上咽頭、中咽頭、下咽頭の3つの部位に分けられ、 それぞれの部位にできるがんを上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんといいます。

それぞれの部位は機能が異なるため、がんの性質や症状も異なってきます。

上咽頭は鼻の突き当たり(鼻腔後方)にあり、扁桃腺の上部奥の咽頭扁桃辺りにあります。 続いて中咽頭は口を大きく開けたときに奥に見える部分になります。中咽頭は食べ物を飲み込んだり、言葉を話す際に重要な働きをしています。さらに続いて下咽頭は「のどぼとけ(喉頭)」の後ろ側にあり中咽頭から送られてきた食べ物を食道に通す通り道になります。

【咽頭がん(癌)の原因】

咽頭がん(癌)の発生原因はタバコお酒熱い食べ物刺激の強い食べ物といわれています。 また男性に多く発生(4〜5倍)するがんで、年齢的には50歳代〜60歳代に多く発生します。 米国におけるがん死亡についての調査によれば男性の喫煙者が咽頭がんや口腔がんになる率は非喫煙者と比較して30倍近くとなっています。 女性でも5.6倍ほどになっています。

明らかにタバコは危険因子となります。

また、地域的に強いお酒を好む地方に咽頭がんは多いためお酒も咽頭がんの危険因子と考えられています。

熱い食べ物辛い刺激の強い食べ物を好んで食べる人の発生も多いようです。

咽頭の粘膜細胞が常に傷つき、細胞の遺伝子(DNA)ががん化しやすいためで、タバコやお酒、 刺激のあるものを食べる機会が多い方は遺伝子を傷つける可能性が高く、咽頭がんの発生リスクが高まります。

食生活や嗜好品などの生活習慣に気をつけていれば食道がんや喉頭がん、咽頭がん、舌がんなどの発生リスクは大幅に低下しますので、予防のために気を配ることが大切です。

※詳しくは生活習慣とがんの発生について書いた「がんは予防できる」をご覧下さい。

 

↑上に戻る

【咽頭がん(癌)の症状】

咽頭がん(癌)では上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんそれぞれで症状が異なります。

上咽頭がん(癌)

上咽頭がん(癌)の初期はほとんど無症状ですが、がんがある程度大きくなることで現れる症状としては、首のリンパ節の腫脹があります。他に鼻づまり、鼻血、痰に血が混じる、難聴、耳が詰まった感じがする耳閉感などがあります。また脳神経が圧迫を受けることで物が二重に見えるなどの視覚障害や疼痛が起こることがあります。

上咽頭がんは低分化型の扁平上皮がんが多いため他の頭頸部がんと比較すると肺や骨、肝臓などへの遠隔転移が多く認められます。

肺に転移した場合には血痰や咳、骨に転移した場合には強い痛み、肝臓に転移した場合には腹部や背中の腫れ、痛み、疲れやすいなどの症状が出るようになります。

中咽頭がん(癌)

中咽頭には扁桃をはじめとしてリンパ組織が多くあるため悪性リンパ腫が多発しますが、中咽頭がんと悪性リンパ腫とは他のがんとして区別します。

中咽頭がん(癌)の初期にはのどの違和感、異物感、軽い痛みなどがあります。食べ物を食べるときに常に軽い痛みがあるような場合には注意が必要となります。また、片方の扁桃腺だけが大きく腫れたり、しゃべりにくくなることで気が付く場合もあります。首のリンパ節(頚部リンパ節)に転移しやすくこの場合にはシコリができて気が付くこともあります。

さらに中咽頭がんが進行すると耐え難い痛み、出血、口が開けにくくなる開口障害、飲み込みにくくなる嚥下障害、呼吸困難などの症状が出るようになります。

中咽頭がんのほとんどは扁平上皮がんで、頚部リンパ節がおもな転移先になります。

下咽頭がん(癌)

下咽頭がん(癌)は喉頭(のどぼとけ周辺)の後ろ側に有り食道とつながっていますが、初期には自覚症状がほとんどなく、かなり大きくなってからのどの違和感、異物感、軽い痛み、耳の奥の痛み、声のかすれ、呼吸困難、首のリンパ節の腫れなどの症状が現れるようになります。

初期にはほとんど自覚症状がないため、下咽頭がんが見つかったときには進行がんであることが多く、また、下咽頭がんの発生と同時に食道に転移ではないがんが見つかることが多いのも特徴です。

下咽頭がんのほとんどは扁平上皮がんで、頚部リンパ節がおもな転移先になります。

 

↑上に戻る

【咽頭がん(癌)の検査】

上咽頭がんの検査は鼻腔から内視鏡を挿入して直接観察する方法が一般的です。

中咽頭がんの検査は、口を大きく開けて中咽頭がんの有無を確かめる視診や指を入れて直接腫瘍部分に触れて調べる触診が行われます。直接見えない部分には内視鏡を挿入して観察します。

下咽頭がんの検査は内視鏡をつかって観察します。

いずれの咽頭がんでも頚部リンパ節に転移しやすいため頚部を丹念に触診します。

がんが疑われる場合には、組織の一部を採取して顕微鏡で調べる生検が行われ、がんが確定されます。

がんが確定されるとエックス線検査やCT検査、MRI検査などの画像検査によってがんの進行度や転移の有無を調べます。

◆X線検査/レントゲン検査

バリウムを飲んで咽頭を通過するところをX線(レントゲン)で撮影する検査です。

◆CT検査

CT検査(CTスキャン)はいろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影しコンピュータを使って 非常に鮮明な画像を得ることができます。周囲の臓器やリンパ節転移の有無を調べることができ癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。

◆MRI検査

MRI検査は磁場を使っていろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影する検査です。 周囲の臓器やリンパ節転移の有無を調べることができ癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。

 

↑上に戻る

【咽頭がん(癌)の治療】


<治療方法を決めるにあたり>

がんの治療は、医師の協力の下で治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し 患者さんが最終的な治療方法を最終的に決定する時代になりつつあります。

また医療の進歩とともに治療方法も多様化してきており、 医師によって治療方法が異なることは珍しくなく、主治医以外の医師の意見を聞くセカンド・オピニオンを求めることが必要な時代になってきました。

詳しくは「インフォームド・コンセント」「セカンド・オピニオン」についてをご覧下さい。


咽頭がんの治療法は「外科療法(手術)」、「放射線療法」が中心となります。また「化学療法(抗がん剤)」を使った治療もあり、がんの進み具合(病期)やがんの部位、患者さんの年齢などから判断されます。

咽頭がんの病期(ステージ)はがんの深さや転移の有無などによって分類されます。

−上咽頭がん(癌)−

I期

がんが上咽頭に留まっている状態

II期

がんが中咽頭や鼻腔などの隣接する部位に浸潤しているが、リンパ節転移は無い。咽頭側方へ浸潤があるか鎖骨上のリンパ節以外の片側リンパ節に転移がある。がんが上咽頭に留まっていてもがんと同じ側に6cm以下の頚部リンパ節転移がある、あるいは咽頭側方から頭蓋底付近へのがんの浸潤がある状態

III期

がんが骨組織や副鼻腔に拡がっているか、頚部リンパ節両側に6cm以下のリンパ節転移がある状態

IV期

がんの浸潤がすすみ頭の中(頭蓋内)、脳神経、眼窩、下咽頭などへ拡がる、頸部リンパ節転移が6cmを超えるか、転移が鎖骨上までおよぶ、遠隔転移を認めるといった状態

−中咽頭がん(癌)−

中咽頭がんでは2cm以下の大きさをT1、2cmを越え4cm以下の大きさの場合をT2、4cmを越えた場合をT3、さらに周囲の筋、骨、喉頭などへ進展した場合をT4と分類し、リンパ節転移の有無と併せて病期判断をします。

I期

がんがT1の大きさで頸部リンパ節転移がない状態

II期

がんがT2の大きさで頸部リンパ節転移がない状態

III期

がんがT1またはT2の大きさで、同側の頸部に3cm以下のリンパ節転移が1個のみ認められる状態。
あるいはがんがT3の大きさで頸部リンパ節転移がないかあるいは同側の頸部に3cm以下のリンパ節転移が1個のみ認められる状態

IV期

がんがT4になった場合。
頸部リンパ節転移が2個以上認められる、あるいは3cmを超える大きさになる、あるいは反対側の頸部に出現した場合。
遠隔転移(腫瘍が頸部以外の離れた場所に転移すること)が認められた場合はIV期

−下咽頭がん(癌)−

下咽頭がんでは2cm以下の大きさをT1、2cmを越え4cm以下の大きさの場合をT2、4cmを越えた場合をT3、さらに周囲の筋、骨、喉頭などへ進展した場合をT4と分類し、リンパ節転移の有無と併せて病期判断をします。

I期

がんが下咽頭のひとつの部位にとどまるかT1の大きさであり、頸部のリンパ節には転移がない状態

II期

がんが下咽頭のひとつの部位にとどまらず隣の部位にまで拡がっているが、喉頭の中には入り込んでいないか、がんの大きさがT2であり、頸部のリンパ節にも転移がない状態

III期

がんが下咽頭のひとつの部位にとどまらず隣の部位に拡がっており、かつ喉頭の中に入り込んでいて、声帯(声をだすところ)が動かない状態か、がんの大きさがT3で、がんと同じ側の頸部リンパ節に3cm以下の転移が1個ある状態。

IV期

がんがT4になった場合。頸部リンパ節への転移が6cm以上になったり2個以上あったり、がんと逆側の首に出てきた状態か、他の臓器(肺、骨など)に転移している状態です

【咽頭がんの治療(手術)】

上咽頭がんの場合には最初に手術が行われることはほとんどありません。放射線療法を行っても消失しないリンパ節転移に対してはリンパ節を切除するリンパ節郭清が行われることがあります。

中咽頭がんや下咽頭がんの場合にも第一に放射線療法が選択されます。がんが進行している場合や、放射線が効きにくい場合、再発しやすい場合などに手術療法が行われることになります。

【咽頭がんの治療−放射線療法】

放射線療法は高エネルギーの放射線を使ってがん細胞を殺す治療方法です。咽頭がんの場合、頚部リンパ節などに転移があっても放射線療法が主体となります。手術よりも優先されます。

上咽頭がんには低分化型扁平上皮がんがほとんどであり、放射線感受性(放射線が効く確立)が高いため手術療法よりも放射線療法が優先されるのです。

中咽頭がんでは中咽頭の上部には低分化型扁平上皮がんが、下部には高分化型扁平上皮がんが多く発生しますので治療方法も異なることがあります。

下咽頭がんでは高分化型扁平上皮がんが発生することが多いため、手術療法を優先することが多くなります。

放射線療法を行っても消失しないリンパ節転移に対してはリンパ節を切除するリンパ節郭清が行われることがあります。

最近は抗がん剤と併せて行う放射線化学療法が行われます。しかし、抗がん剤の副作用が強く出てしまう、高齢者、合併症があるなどの理由で抗がん剤が使えない場合には単独で放射線療法が行われることがあります。

どのタイミングで抗がん剤を使うのが効果的なのか、どの種類の抗がん剤を使うのが効果的なのか臨床試験が進められています。

また、骨への転移のための痛み、脳の神経症状、呼吸の苦しさなどの症状を緩和する目的で放射線療法が行われることがあります。

正常な細胞に放射線が照射されると正常な細胞がダメージを受け副作用が出ることがあります。副作用には治療中又は治療直後にでるものと、半年〜数年後にでてくるものとがあります。将来的に放射線の影響で他の部位にがんができることもあるため若い人への放射線治療は慎重に判断する必要があります。

放射線の照射量には決まりがあり、無理をして大量の放射線照射を行うと強い副作用が出る可能性が高いため注意が必要です。

あらかじめ医師に照射量(一日の量と期間)を確認しておく必要があります。

【咽頭がんの治療−化学療法(抗がん剤)】

抗がん剤単独での治療では効果がないため放射線療法と同時に行われることが多い。放射線療法や外科療法の補助的な治療として位置づけられています。

放射線の照射を限界まで行った後に再発したり、完全に消失できなかった場合には単独で使われることがあるが、ほとんど効果はないとされています。

使用される抗がん剤としては「5FU+シスプラチン(他にランダ、ブリプラチン)」が一般的です。カルボプラチン=パラプラチンが使われることもあります。他にタキソールやタキソテールを使ったり、シスプラチンと併せてブレオマイシン、メソトレキセートなどが使われることもありますが、臨床段階(効果の確認中)になります。

 

放射線療法や抗がん剤を用いた化学療法では白血球減少による免疫力の低下が起こりやすいため体を清潔に保つことが大切ですし、規則正しい生活を送る必要があります。 免疫力を賦活させることが大切です。

また、骨髄損傷による白血球減少、血小板減少、貧血などが起こりやすいため造血機能を強化することも大切になります。

→ ご相談、お問い合わせはこちらから

↑上に戻る