がん(癌)部位別情報

◆口腔がん

口腔がん(口腔癌)は頭頸部がんの一種です。

口腔がんには舌にできる舌がん、舌と歯ぐきの間にできる口腔底がん、歯ぐきのにできる歯肉がん、頬の内側粘膜にできる頬粘膜(きょうねんまく)がん、口の天井部分にできる硬口蓋がんがあり、最も発生しやすいのは舌がんになります。

口腔がんは珍しいがんで全てのがんを併せても全体の1%〜2%程度しか発生しません。

【口腔がん(癌)の原因】

他の頭頸部がんの場合には男性の発生率が圧倒的に多いのですが、舌がんの場合には男女の差はほとんどありません。

口腔がん(癌)の発生は口腔内(口の中)が不衛生な人虫歯や義歯で常に舌などに刺激がある人が多いようです。
また、他の頭頸部がん同様にタバコお酒も発生原因であるといわれていますが、男女比が同程度であるため不衛生や刺激などのほうが主原因であると思われます。

熱い食べ物辛い刺激の強い食べ物を好んで食べる人の発生も多いようです。

口腔の粘膜細胞が常に傷つき、細胞の遺伝子(DNA)ががん化しやすいためで、タバコやお酒、刺激のあるものを食べる機会が多い方は遺伝子を傷つける可能性が高く、口腔がんの発生リスクが高まります。

食生活や嗜好品などの生活習慣に気をつけていれば食道がんや喉頭がん、咽頭がん、舌がんなどの発生リスクは大幅に低下しますので、予防のために気を配ることが大切です。

 ※詳しくは生活習慣とがんの発生について書いた「がんは予防できる」をご覧下さい。

 

↑上に戻る

【口腔がん(癌)の症状】

初期の口腔がんでは痛みや出血などはなく、硬いシコリが触れることが多いようです。

冷たい食べ物や辛い食べ物、酸味のあるすっぱい食べ物などを食べるとしみたり痛みを感じたりすることがあります。

これらの症状は口内炎の症状と似ていますが、口内炎は触ってみるとぶよぶよとやわらかいのですが、がんの場合には硬くなっています。

がんが大きくなってくると話しづらくなってきたり、食事が食べにくくなったり、出血を伴うようになります。

さらに進行すると頚部(首)リンパ節に転移して顎の下や首にシコリを触れる(腫脹)ことが多くなります。

 

↑上に戻る

【口腔がん(癌)の検査】

口腔がん(癌)の検査は、視診触診が最初に行われます。患者さんの口の中を専門医が詳細に観察し、触ったり見ることで検査します。

また首のリンパ節(頚部リンパ節)に転移しやすいため丁寧に触診しリンパ節の腫れ具合なども確認します。

がんが疑われる場合には、組織の一部を採取して顕微鏡で調べる生検が行われ、がんが確定されます。

がんが確定されるとCT検査、MRI検査などの画像検査によってがんの進行度や転移の有無を調べます。

◆CT検査(口腔がんの検査)

CT検査(CTスキャン)はいろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影しコンピュータを使って非常に鮮明な画像を得ることができます。
他の臓器やリンパ節転移の有無を調べることができ癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。

◆MRI検査(口腔がんの検査)

MRI検査は磁場を使っていろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影する検査です。
他の臓器やリンパ節転移の有無を調べることができ癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。

 

↑上に戻る

【口腔がん(癌)の治療】

<治療方法を決めるにあたり>

口腔がん(口腔癌)の治療は、医師の協力の下で治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し患者さんが最終的な治療方法を最終的に決定する時代になりつつあります。

また医療の進歩とともに口腔がんの治療方法も多様化してきており、医師によって治療方法が異なることは珍しくなく、主治医以外の医師の意見を聞くセカンド・オピニオンを求めることが必要な時代になってきました。

詳しくは「インフォームド・コンセント」「セカンド・オピニオン」についてをご覧下さい。


口腔がんの治療法は「外科療法(手術)」が中心になります。
がんが小さくてリンパ節転移がないような早期のがんの場合には「放射線療法」が行われることもあります。
治療法はがんの進み具合(病期)やがんの部位、患者さんの年齢などから判断されます。

口腔がんの病期(ステージ)はがんの大きさや転移の有無などによって分類されます。

日本を含め国際的に使われているTNM分類で分類します。

T−原発腫瘍(がん)の大きさ

  • T1 最大径が2cm以下
  • T2 最大径が2cmより大きいが4cm以下
  • T3 最大径が4cm以上
  • T4 隣接組織に浸潤する

N−リンパ節転移の有無

  • N0 所属リンパ節転移なし
  • N1 同じ側の単発性リンパ節転移があり最大径が3cm以下
  • N2 同じ側の単発性リンパ節転移があり最大径は3cmを超えるが6cm以下または、同じ側に多発性(複数)のリンパ節転移があるが最大径が6cm以下、または両側あるいは反対側のリンパ節転移があるが最大径が6cm以下

M−遠隔転移の有無

  • M0 遠隔転移なし
  • M1 遠隔転移あり

I期

T1、N0、M0の場合I期

II期

T2、N0、M0の場合II期

III期

T3、N0、M0の場合III期

IVa期

T4、N0かN1、M0の場合

T1〜4、N2、M0の場合

IVb期

T1〜4、N3、M0の場合

IVc期

M1の場合

【口腔がんの治療(手術)】

口腔がんでは通常外科療法(手術)が行われます。
首のリンパ節に転移がある場合にはそれらのリンパ節も切除(郭清)します。

【口腔がんの治療−放射線療法】

放射線療法は高エネルギーの放射線を使ってがん細胞を殺す治療方法です。
喉頭がんの場合、早期の治療であれば放射線療法が主体となります。

口腔がんのほとんどは高分化型扁平上皮がんであり、放射線感受性は必ずしも高くないため、口腔がんの場合には手術が第一選択肢となります。
しかし、がんが小さくてリンパ節転移がない早期がんの場合には放射線療法が行われることもあります。

放射線療法を行っても消失しないリンパ節転移に対してはリンパ節を切除するリンパ節郭清が行われることがあります。

口腔がんの治療では最近は抗がん剤と併せて行う放射線化学療法が行われます。
しかし、抗がん剤の副作用が強く出てしまう、高齢者、合併症があるなどの理由で抗がん剤が使えない場合には単独で放射線療法が行われることがあります。

正常な細胞に放射線が照射されると正常な細胞がダメージを受け副作用が出ることがあります。
副作用には治療中又は治療直後にでるものと、半年〜数年後にでてくるものとがあります。
将来的に放射線の影響で他の部位にがんができることもあるため若い人への放射線治療は慎重に判断する必要があります。

放射線の照射量には決まりがあり、無理をして大量の放射線照射を行うと強い副作用が出る可能性が高いため注意が必要です。

あらかじめ医師に照射量(一日の量と期間)を確認しておく必要があります。

【口腔がんの治療−化学療法】

口腔がんの場合、抗がん剤単独での治療では効果がないため放射線療法と同時に行われることが多い。
放射線療法や外科療法の補助的な治療として位置づけられています。

放射線の照射を限界まで行った後に再発したり、完全に消失できなかった場合には単独で使われることがあるが、ほとんど効果はないとされています。

使用される抗がん剤としては「5FU+シスプラチン(他にランダ、ブリプラチン)」が一般的です。
カルボプラチン=パラプラチンが使われることもあります。他にタキソールやタキソテールを使ったり、シスプラチンと併せてブレオマイシン、メソトレキセートなどが使われることもありますが、臨床段階(効果の確認中)になります。

 

放射線療法や抗がん剤を用いた化学療法では白血球減少による免疫力の低下が起こりやすいため体を清潔に保つことが大切ですし、規則正しい生活を送る必要があります。
免疫力を賦活させることが大切
です。

また、骨髄損傷による白血球減少、血小板減少、貧血などが起こりやすいため造血機能を強化することも大切になります。

→ ご相談、お問い合わせはこちらから

↑上に戻る