がん(癌)部位別情報

◆悪性リンパ腫

悪性リンパ腫は、白血球の一種であるリンパ球ががん化した悪性腫瘍です。

リンパ球ががん化した悪性腫瘍には他に、リンパ性白血病という病気がありますが、リンパ性白血病は血液や骨髄の中で増殖し、がん細胞がバラバラに存在します。

一方の悪性リンパ腫の場合にはリンパ節の中でがん細胞が増殖し、リンパ節が腫れたり、腫瘤(しゅりゅう)といって臓器にこぶのようなかたまりをつくります。

リンパ節は全身に分布していますが、主に首やわきの下、胸部、腹部、足の付け根、骨盤部などに集まっています。

悪性リンパ腫は、がん化した細胞の種類や遺伝子にどのような異常があるかによって「ホジキンリンパ腫」と「非ホジキンリンパ腫」とに大きく2つに分類されます。

日本人の場合、悪性リンパ腫のうち90%程度が非ホジキンリンパ腫です。

非ホジキンリンパ腫(悪性リンパ腫)

リンパ組織は全身に分布しているため非ホジキンリンパ腫は全身(皮膚、脳、眼、鼻腔、副鼻腔、扁桃、咽頭、唾液腺、甲状腺、乳腺、肺、縦隔、胸膜、胃、小腸、大腸、肝臓、脾臓、卵巣、精巣、骨など)のあらゆる器官、組織に発生する病気です。

また、非ホジキンリンパ腫には、T細胞リンパ腫、B細胞リンパ腫とNK細胞リンパ腫があります。
また、細胞の形や予後(治療後の病状の経過など)の点からは低悪性度リンパ腫、中悪性度リンパ腫、高悪性度リンパ腫の3つに大別されます。

【悪性リンパ腫−非ホジキンリンパ腫の症状】

非ホジキンリンパ腫の症状としては首の周りやわきの下、足の付け根などのリンパ節が腫れてくることが多く痛みは感じません。皮膚のすぐ下にあるリンパ節が腫れてくる場合にはグリグリとした塊ができることで気づかれる場合もあります。

悪性リンパ腫のために胸部や腹部など体の奥にあるリンパ節が腫れた場合には触っても分かりにくいですが気道や尿道を圧迫するため咳き込んだり、尿の出が悪くなるなどで気づく場合もあります。

その他、非ホジキンリンパ腫では発熱や体重の減少、発汗、倦怠感などが現れることもあります。

リンパ節以外の臓器に腫瘤ができる悪性リンパ腫の場合にはそれぞれの部位に症状が出たり健康診断などで異常が発見されることが多いようです。

頸部(首)腋窩(えきか:ワキの下)鼠蹊部(そけい:足の付け根)胃のリンパ節などに無痛性の膨張があるとき、原因不明の発熱が続くとき、びっしょりになるほどの寝汗が続くとき、恒常的に疲れやすいとき、原因不明の体重減少、胸部や腹部、骨に原因不明の疼痛が続いた場合などは悪性リンパ腫の恐れがありますので医師の診断を受診することをお勧めいたします。

【悪性リンパ腫−非ホジキンリンパ腫の診断】

悪性リンパ腫の診断の基本は、腫れているリンパ節や腫瘤の一部を切除して顕微鏡で調べる病理組織検査(生検)となります。悪性リンパ腫のタイプや、悪性度の判定などができ治療方針を決める上で重要な検査となります。

また、悪性リンパ腫の診断では免疫学的な検査を行いT細胞、B細胞、NK細胞いずれのリンパ腫であるか調べます。

さらに病気の拡がりを調べるためにCT、MRI、PET、内視鏡、腹部超音波、X線検査、骨髄検査、血液検査、シンチグラフィーなどを用います。

【悪性リンパ腫の治療】

<治療方法を決めるにあたり>

悪性リンパ腫の治療は、医師の協力の下で治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し 患者さんが最終的な治療方法を最終的に決定する時代になりつつあります。

また医療の進歩とともに悪性リンパ腫の治療方法も多様化してきており、 医師によって治療方法が異なることは珍しくなく、主治医以外の医師の意見を聞くセカンド・オピニオンを求めることが必要な時代になってきました。

詳しくは「インフォームド・コンセント」「セカンド・オピニオン」についてをご覧下さい。


悪性リンパ腫のうち非ホジキンリンパ腫は他の悪性腫瘍に比べて放射線療法や化学療法(抗がん剤)が効きやすいがんです。

細胞増殖の速度により「高悪性度」「中悪性度」「低悪性度」に分類され、 さらに病気の拡がり具合によって病期(ステージ)が判定され、治療法が選択されます。

-分類-

悪性度

低悪性度

進行は遅いが、抗がん剤が効きにくい。

中悪性度

月単位で病状が進行する。抗がん剤が効きやすい。

高悪性度

週単位で急速に進行するが、抗がん剤が効きやすい。

-病期(ステージ)-

病期

I期

がんが1つのリンパ節領域に限局している

II期

がんは2つ以上のリンパ節領域に浸潤しているが、上半身又は下半身のみに留まっている

III期

がんが上半身および下半身両方のリンパ節領域に浸潤している

IV期

がんが他の臓器に浸潤したり、骨髄、血液中に拡がっている

−低悪性度リンパ腫の治療−(悪性リンパ腫の治療)

濾胞性(ろほう)リンパ腫、胃や唾液腺、甲状腺、消化管、眼などの粘膜関連リンパ組織に発生するMALTリンパ腫などが代表的な低悪性度リンパ腫になります。

低悪性度リンパ腫は進行は遅いが抗がん剤が効きにくいという特徴があります。I〜II期の場合には放射線療法が選択されることが多く、およそ半数が治癒します。III〜IV期では化学療法が選択されることが多いのですが治癒は期待しにくく、症状のない場合や病気が進行する傾向が無い場合に化学療法を開始することで生存期間の延長は確認されていません。そのため症状が認められない場合にはすぐに治療を始めるのではなく、定期的に経過を観察して、症状が悪化した場合に化学療法を開始するという方法がとられることもあります。

濾胞性リンパ腫の場合最近認可された「リツキシマブ:商品名=リツキサン」と抗がん剤を併用することで治療成績が格段によくなっています。

胃に発生するMALTリンパ腫の場合には「ヘリコバクター・ピロリ菌」という細菌が関連していることが多く、その場合ピロリ菌を除菌することで病変が改善することが多いようです。

眼に発生するリンパ腫の場合には放射線療法がおこなわれます。

低悪性度リンパ腫は経過観察中に中悪性度に進展することがありますが、この場合には中悪性度リンパ腫と同様の治療を行うのが一般的です。

−中悪性度リンパ腫の治療−(悪性リンパ腫の治療)

びまん性大細胞型Bリンパ腫が代表的な中悪性度リンパ腫になります。

このタイプの悪性リンパ腫は抗がん剤の効きやすいタイプで、「ビンクリスチン:商品名=オンコビン」、「シクロホスファミド:商品名=エンドキサン」、「ドキソルビシン:商品名=アドリアシン」という3種類の抗がん剤に副腎皮質ホルモン剤のプレドニゾロンを加えたCHOP療法が標準的な治療法になります。

治療前の腫瘤が大きい場合には化学療法終了後に放射線療法を加えるのが標準的になっています。I〜II期の場合では70%以上が治癒する可能性があります。

−高悪性度リンパ腫の治療−(悪性リンパ腫の治療)

T細胞リンパ芽球性リンパ腫とバーキットリンパ腫が代表的な高悪性度リンパ腫です。

T細胞性のリンパ芽球性リンパ腫は若年男子に多いリンパ腫で、非ホジキンリンパ腫に対する標準的な化学療法では治療効果が出にくいため急性リンパ性白血病と同様の強力な多剤併用化学療法が行われます。この強力な治療によっても治癒が困難であると判断された場合には骨髄移植が行われることがあります。

バーキットリンパ腫の場合には大量のエンドキサン、メソトレキセートなどの抗がん剤を協力に用いることで効果があることが分かってきています。

強力な化学療法を行えば当然副作用も強く、白血球の減少による感染症、血小板の減少による出血などがおこりやすくなります。

身の回りを清潔に保ちウイルスや細菌などの感染を予防する必要があります。また免疫の低下により帯状疱疹もできやすく、しかも悪化しやすくなります。

治療中は規則正しい生活を送り、免疫力を高める努力が必要となります。

ホジキンリンパ腫(悪性リンパ腫)

「リードシュテルンベルグ細胞」という異常な細胞が特徴的に見られる悪性リンパ腫で、20歳代と60歳代の人に比較的多く発症します。

悪性リンパ腫のうち約10%程度がホジキン病でもっとも治療成績の良いタイプになります。

症状は非ホジキンリンパ腫と類似しています。また検査も同様の方法が取られます。

-病期(ステージ)-

病期

I期

がんが1つのリンパ節領域に限局しているか、1つの組織やリンパ節以外の臓器に限局している。

II期

がんは2つ以上のリンパ節領域に拡がっているが横隔膜を境として、一方の側にとどまっている。あるいは、 リンパ節以外の臓器や組織にも拡がっているが、限局的であり横隔膜を境にして同側のリンパ節領域にとどまっている。

III期

がんが横隔膜を境として上下両側のリンパ節領域に認められる。加えてリンパ節以外の臓器や組織への浸潤がある場合でも1つに限局している。

IV期

1.病変がリンパ組織以外の臓器にびまん性ないし多発性に見られる。がんはそれらの臓器の周囲にあるリンパ節に見られることもある。
2.がんがリンパ組織以外のたった一つの臓器にしかなくても遠隔リンパ節転移を伴う場合。

ホジキンリンパ腫の治療では以前は放射線療法がよく行われていましたが、最近は化学療法が治療の中心となっています。

通常ホジキン病で行われる放射線療法は、外照射法と呼ばれる体の外から病巣部に放射線を照射する方法が取られます。頸部や腋窩、肺門、縦隔リンパ節への照射はマントル照射と呼ばれています。放射線療法の治療効果を高めるため化学療法と併用して用いられることもあります。

放射線療法は照射部分が大きくなると白血球減少や貧血、血小板の減少による出血など骨髄の障害が強く出ることがあります。照射量を間違えて大量照射をしてしまい副作用が強く出ることがありますので治療計画を確認しておくと良いでしょう。

ホジキンリンパ腫のI〜II期の場合であれば、アドリアシン、「塩酸ブレオマイシン:商品名=ブレオ」、「硫酸ビンブラスチン:商品名=エクザール」、「ダカルバジン:商品名=ダカルバジン」の4種類の抗がん剤を併用する「ABVD療法」を行いさらに放射線療法を追加するのが標準的な治療になります。

ホジキンリンパ腫のIII〜IV期ではABVD療法をより強力に行う必要があります。

非ホジキン病同様、副作用には十分に気をつける必要がありますので、規則正しい生活と免疫力を賦活させることが大切です。

→ ご相談、お問い合わせはこちらから