がん(癌)部位別情報

◆腎臓がん

腎臓はただ尿を作るだけの臓器ではなく、窒素を含んだ窒素系老廃物(クレアチニン、尿素、尿酸)等の老廃物の処理、体内の水分や電解質の調節、エリスロポエチンという造血ホルモンを分泌する事で骨髄に働きかけ赤血球の生産を促し、血圧の調節をしたり骨の成分であるカルシウムを骨に沈着させる時に必要な活性ビタミンD3の生産を行っています。
腎臓は人間が生きる上で大切な仕事をいくつも受け持っています。

腎がん(腎癌)とは腎臓の中の尿細管の上皮細胞から発生すると考えられています。

そら豆のような形をして重さ130g、直径11〜12cmで、副腎と共に脂肪に包まれています。
肋骨に上半分を守られるように、背中側に左右に1つずつあります。

腎がんは10万人当たりの発生率が男性で7人、女性で3人程度です。
40歳以上に発生しやすく、60歳代に最も多い腫瘍です。

発がんの原因としては、腎不全、喫煙、性ホルモン、高血圧、肥満の関与が指摘されています。
また、常染色体優性遺伝であるvon Hippel-Lindau病(フォン・ヒッペル・リンドウ病)と関連性が知られており、腎がんのうち最も多い組織型である明細胞がんでは3番染色体短腕の欠損がしばしば認められることが知られています。
明細胞がんの他には乳頭状がん、嫌色素性細胞がん、集合管がんなどの組織型があります。

【腎がん(腎癌)の症状】

無症状で見つかる事が多い。微熱、食欲不振、貧血など。

かつては、「血尿、腹部のしこり、疼痛」が腎がんの3大症状といわれていましたが、これらの症状は、がんがかなり進行してから現れるものです。
昔はよい診断方法がなかったために、腎がんが進行して、このような症状が出てから見つかるケースが多かったのです。
しかし現在は、画像診断が発達したため、無症状で偶然見つかる腎がんが、全体の5割以上を占めています。
自覚症状としては、「微熱、食欲不振、貧血、体重減少」などが現れることがあります。
がん細胞があると、体がそれを異物とみなして排除しようとする「免疫反応」が起きます。
その結果現れるのが、微熱や食欲不振などの症状です。
貧血や体重減少は、がんの産生する物質の影響や、がん細胞に栄養分をとられるために起こります。
しかし、これらの症状は、他の病気でも表れるため、自覚症状だけで腎がんを発見する事は難しいといえます。
早期発見のためには、定期的に検査で腹部超音波を受ける事が大切になります。

【腎がん(腎癌)の診断】

腎がんの発見に有用な腫瘍マーカーはなく、診断は画像検査が中心です。

◆超音波検査(腎がんの検査)
身体的な負担がほとんど無く、簡便な検査法のため、スクリーニングとして非常に有効です。
また、肝臓や胆のうなどを調べる場合でも、腹部超音波検査が行われます。
ことのきに、腎臓が画像に移るため、偶然腎がんを発見するケースが多いのです。

◆CTおよびMRI検査(腎がんの検査)
超音波検査でがんが疑われる場合、CT検査、またはMRI検査で確定診断をつけるというのが、現在の標準的な診断法で、鑑別診断にも有用です。
腎臓の周囲が広い範囲で見えるMRI検査のほか、血管の様子が鮮明に映る三次元CT検査やMRA検査は、手術方針を立てるのに有効です。

◆転移を調べる検査
腎がんは、転移が多いので、転移のチェックも行われます。
肺の検査には、エックス線検査や肺CT検査が行われ、特に肺CT検査は微小な病変の発見に有効です。
骨への転移は、骨と反応する放射性医薬品を体内に注入して撮影する「骨シンチグラフィー」で診断します。
このほか、血管内に細い管を通して、造影剤を使って撮影する「血管造影検査」が行われることもあります。
しかし、CTやMRI検査で同様の情報が得られるため、行われる頻度は少なくなっています。

【腎がんの治療】

<治療方法を決めるにあたり>

腎がんの治療は、医師の協力の下で治療方針、治療機間、メリット・デメリットなどの説明を十分に受け、患者さんが自分の価値観などを考慮し、患者さんが最終的な治療方法を最終的に決定する時代になりつつあります。

また医療の進歩とともに治療方法も多様化してきており、医師によって治療方法が異なることは珍しくなく、主治医以外の医師の意見を聞くセカンド・オピニオンを求めることが必要な時代になってきました。

難治癌である腎がんの場合には医師によって考え方や治療方針が異なる事が多くなりますので複数の医師の意見を聞くことはとても大切なことといえます。

詳しくは「インフォームド・コンセント」「セカンド・オピニオン」についてをご覧下さい。

腎がんの治療は「外科療法(手術)」が中心となります。
他に「免疫療法」、「化学療法(抗がん剤)」があり、がんの進行度(病期:ステージ。下記表参照)や患者さんの全身状態を考慮して治療法が選択されます。

腎がんのTMN分類(1999年)

T原発腫瘍

TX

原発腫瘍の評価が不可能

T0

原発腫瘍を認めない

T1

最大径が7.0cm以下で、腎に限局する腫瘍

T1a

最大径が4.0cm以下で、腎に限局する腫瘍

T1b

最大径が4.0cmを越えるが7.0cm以下で、腎に限局する腫瘍

T2

最大径が7.0cmを越え、腎に限局する腫瘍

T3

腫瘍は主静脈内に進展、または副腎に浸潤、または腎周囲脂肪組織に浸潤するが、Gerota筋膜を越えない

T3a

腫瘍は副腎または腎周囲脂肪組織または腎洞脂肪組織に浸潤するが、Gerota筋膜を越えない

T3b

腫瘍は腎静脈または横隔膜下までの下大静脈内に進展する

T3c

腫瘍は横隔膜を越える下大静脈内に進展する

T4

腫瘍はGerota筋膜を越えて浸潤する

N所属リンパ節

NX

所属リンパ節の評価が不可能

N0

所属リンパ節転移なし

N1

1個の所属リンパ節転移

N2

2個以上の所属リンパ節転移

M遠隔転移

MX

遠隔転移があるかどうか評価不能

M0

遠隔転移なし

M1

遠隔転移あり

腎がん取り扱い規約に基づいた病期分類

病期

T1

N0

M0

T2

N0

M0

T1〜T2

N1

M0

T3a〜3c

N0〜1

M0

T4

any N

M0

any T

N2〜3

M0

any T

any N

M1

Robson分類

腫瘍は腎被膜内限局例

腫瘍は腎被膜をこえて浸潤するが、Gerota筋膜をこえない例

A.腎静脈腫瘍血栓を伴う例

B.所属リンパ節転移例

C.A+B

A.腫瘍はGerota筋膜をこえて隣接臓器へ浸潤する例

B.遠隔転移を伴う例

 

治療の中心は、手術療法です。
小さい腎がんでは、腎臓全体を切除する方法から、患部とその周辺を小さく切除する方法へと移行しつつあります。
通常、入院は10日間程度です。

【腎がんの治療−外科手術】

がんのある腎臓全てと、腎臓の上部にある副腎や腎臓周囲の脂肪などを一緒に取り除く手術です。
ただ、副腎は摘出してもしなくても、治療成績は変らないというデータもあります。

腎臓は左右にあるので、片側の腎臓を摘出しても、反対側の腎臓が正常に働いていれば、機能的には問題はありません。

しかし、がんでないほうの腎臓の機能が悪いときには、がんのある腎臓(患側腎)の機能を残すことが必要になります。
そこで最近は、がんとその周辺だけを切除して、腎臓の機能を温存する「患側腎温存手術」が行われるようになっています。
一般に直径3cm以下で、無症状のがんに適応されます。

切除方法はいくつかありますが、日本で開発された「マイクロ波組織凝固器」を利用した方法が簡便で普及しています。
側腹部を切除して、超音波画像でがんの位置を確認しながら、マイクロ波を出す針をがんの周囲に直接刺して、凝固します。
その後、凝固した部分を切開して、がんを切除します。
出血も少なく、手術時間は3時間ほどで、肝機能への影響もほとんどありません。
最近では一部の医療機関で、腹腔鏡を用いて行われるようになり、患者さんの身体的負担の軽い治療法として、期待されています。

がんが多発していたり、再発したときには、次のような治療が必要になります。

【腎がんの治療(免疫療法)】

がん細胞を攻撃する、体内の免疫機能を強化する治療法です。
現在、標準的に行われているのは、免疫系の細胞を活性化する、「インターフェロン」を注射する方法です。
15〜20%ほどの患者さんに、がんが半分以下に縮小する効果が見られます。
インターフェロン単独では効果のない人には、「テセロイキン(インターロイキン−2剤)」が併用されます。
そのほか、ワクチンを利用した「免疫ワクチン療法(※1)」なども研究されています。

【腎がんの治療(化学療法)】

腎臓は、体内の不要な物質を排出する機能があるため、抗がん剤が効きにくく、化学療法が単独で行われることはあまりありません。
ただ、「フルオロウラシル」などの抗がん剤や、胃潰瘍などに用いられる「シメチジン」と、インターフェロンを併用する「多剤併用免疫化学療法」が一部で行われています。
上積み効果が期待されており、現在、その有効性が検討されています。
なお、放射線療法は、腎がんではあまり効果がなく、骨転移の痛みの緩和など、限られたケースでのみ行われています。

(※1)免疫ワクチン療法とは
異物が体に入ると、体内ではそれに対抗するため、特殊なタンパク質(抗体)をつくり、異物を攻撃します。(免疫)
「ワクチン」は、このシステムを利用し、病原体の一部、または類似したものを人工的に体内に入れて抗体をつくり、病気を予防する方法です。
これと同じように、異物であるがん細胞の一部を体内に入れて、免疫に関わる細胞を活性化することでがんを攻撃させようとする治療法が「免疫ワクチン療法」です。
さまざまながんで研究が進められていますが、ワクチンは、その患者さんの組織のタイプに適合しないと効果がありません。
腎がんでは日本人の40%程度に適合するワクチンが開発されました。
2002年5月から、奈良県立医科大学付属病院で臨床試験が始まっており、さらなる研究が期待されています。

→ ご相談、お問い合わせはこちらから

↑上に戻る