がん(癌)の知識

がんを患ってしまった方へ

治療を受ける患者に何故がんの知識が必要とされるのか

皆様はがんについてどのような知識をお持ちでしょうか。
一般的にがんは日常生活を送っていく中で、高齢になるにつれて発症しやすくなり完治が難しく症状の重い死亡率が極めて高い病気として浸透してはいます。

それでは、皆様は「何故がんは発症してしまうのか」「どうしてがんの治療が難しいといわれるのか」についての知識をお持ちでしょうか。

実は、がんについての理解を深めることはがんの予防、再発防止や、がんの治療方法を選択する上でとても重要なのことです。
なぜなら、現代のがん治療方法は部位や段階毎にある程度の目安となる治療方針はあれども、現在の症状や、患者の体力や希望、価値観によって選択肢が数多くあるからです。
例えば、複数人が同じ部位に発症したがん組織を治療するために投薬を行ったとしても、治療効果や副作用の重さなどが一人ひとり異なります。
がんを治療するための投薬の結果、副作用の影響でなくなる方もけっして少なくはないのです。
患者の中にはがんについては何もわからないので専門家である医者に全てを任せてしまおうとする方も大勢いますが、がんを治療する為の最終的な方針は患者さん本人が決定しなくてはなりません。
だからこそ、患者やご家族の方は悔いのない選択を行うためにもお医者やインターネット、書籍などから情報を集めて、治療方法の利点、副作用などのデメリットを理解したうえで治療方法を決めなければならないのです。

無視してはいけないQOLの大切さ
皆様は「QOL」という言葉をご存知でしょうか、これはQuality Of Life(クオリティ・オブ・ライフ)を訳した言葉で、医療の現場では「生活の質」を指します。 例え、治療成果によって結果的に寿命が延びたとしても、呼吸や寝ることといった生きるうえで当たり前にできなければならない「人間らしい行動」がままならないことは望ましくないのです。 このため、近年の医療現場では、QOL(生活の質)が重要視されてきています。 QOLの向上は患者本人の肉体的な問題だけではなく患者の生活を支える家族の皆様の精神面でのケアにも繋がります。 我々が研究している日本冬虫夏草はがん治療の過程で低下しがちなQOLを向上させます。 日本冬虫夏草はがんによる症状や治療の副作用に苦しめられている患者様に服用して頂く事で免疫力を高め、食欲不振や炎症、腹水などの様々な症状を軽減させる効果が期待できます。

がんを患う原因について

そもそも、がん細胞は健康な人間でも毎日作られているものなのです。 がんという病気を患う原因となっていると考えられるのは多くの病気のように身体の外から持ち込まれた病原菌のせいではありません。 患う身体にがん組織を形成し病気にかかった部分が 「がん」で亡くなる人は年々増加傾向にあり、日本人の死因の第一位、全死亡者のおよそ1/3を占めており、年間30万人以上の方々ががんで亡くなっています。今やがんは特別な病気ではなくどなたの周りにでも起こりうる普通の病気なのです。

がん(癌)の知識は、がんについて知っておきたいと思われる知識をまとめたものです。。

がんは普段の生活が大きく影響する生活習慣病の一部とも考えられますので、ここに記しました情報を基に生活習慣をチェックし予防にお役立ていただければ幸いです。


がん一般情報

がんについての一般的な情報をまとめました


がん部位別情報

がんの症状や診断方法、治療方法などを部位別にまとめました。


がん用語解説

がんに関連する用語についてまとめました。