がん(癌)部位別情報

◆頭頸部がん(頭頸部癌,口腔癌,咽頭癌,喉頭癌,甲状腺癌,鼻腔癌,唾液腺癌)

鼻や口、顎(あご)、耳、のどなど、鎖骨より上の脳より下の部分を頭頸部といい、この部分にできるがんを総称して頭頸部がんといいます。

頭頸部にはさまざまな部位があるため、頭頸部がんは非常に種類が多くなります。

大きく分けると口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、鼻腔・副鼻腔がん、唾液腺がん、甲状腺がん等に分類されます。

頭頸部のがんは、がん全体からすれば発生頻度は5%未満であり、それほど多いがんではありません。
頭頸部のがんのうち口腔がん、咽頭がん、喉頭がんがほぼ同数で多くなります。

一般的に口腔がん、咽頭がん、喉頭がんなどの頭頸部のがんは中高年の男性に多く、喫煙や飲酒の影響が大きいと考えられています。
また一箇所にがんができた場合には他の箇所にも発生(多発)することが多いという特徴もあります。

がんの症状は、頭頸部のどの部位にがんが発生したかにより異なりますのでそれぞれのページをご参照下さい。

→ ご相談、お問い合わせはこちらから

↑上に戻る