がん(癌)部位別情報

◆食道がん(食道癌)

食道がん(食道癌)の発症率はがん全体で10番目であり、それほど多いがんではありません。

食道がん(食道癌)が発症する人は50歳代ころから急速に増え始め60歳代がピークとなります。
また、男女比では10対1と圧倒的に男性の患者さんが多くなります。
タバコお酒熱い食べ物を良く食べる」これらは食道がんの発生のリスクを高める危険因子であり、男性に当てはまる場合が多いためであると考えられています。
※詳しくは生活習慣とがんの発生について書いた「がんは予防できる」をご覧下さい。

食道は、のど(咽頭)と胃の間をつなぐ部分で、口から食べた食物を胃に送る働きをしています。
身体の中心を通っていて上部は気管と背骨の間、下部は心臓と大動脈、肺に周囲を囲まれています。
食道には胃や腸のように消化機能はなく、単なる食べ物の通り道に過ぎません。

食道の内壁は粘膜で覆われていて、食べ物が通りやすいように粘液を分泌しています。
食道がん(食道癌)のほとんど95%程度はこの粘膜表面にある扁平上皮細胞から発生する扁平上皮がんになります。
食道がん(食道癌)には他に腺上皮から発生する腺がんもあります。

食道がんのうち腺がんは、胃液が食道方向へ逆流することで起こる逆流食道炎が大きな原因になっていると考えられています。
日本人には圧倒的に扁平上皮がんが多いのですが、欧米では腺がんが半数以上を占めており、状況が異なっています。

食道の内壁は粘膜(粘膜上皮層、粘膜固有層、粘膜筋板)、粘膜下層、固有筋層、外膜という6つの層に分かれていて、どこの深さまでがんが進んでいるのかによって食道がんの進行具合が決まります。

食道がん(食道癌)は内壁の粘膜表面にできて、大きくなってくると筋層に入り込み、さらに大きくなると食道壁を超えて周囲にある気管や大動脈、肺、心臓などに浸潤していきます。
また、食道内壁や周囲にあるリンパ管や血管にがんが転移すると、それらの流れに沿って離れた場所に転移していきます。
首のリンパ節や腹部リンパ節、肝臓、肺、骨などに転移することがあります。

【食道がん(食道癌)の原因】

食道がん(食道癌)の発生原因は、タバコアルコール熱いものを良く食べる事が密接に関連しています。

食道粘膜の細胞が常に傷つき、細胞の遺伝子(DNA)ががん化しやすいためで、他に辛いものを好むなど喉に刺激があるものを食べる機会が多い方は遺伝子を傷つける可能性が高く、食道がん(食道癌)の発生リスクが高まります。

また、食道がん(食道癌)になる方は舌がんや咽頭がん、喉頭がんなど口から喉に掛けてののがんになりやすく、またこれらのがんになったことがある方は食道がん(食道癌)にもなりやすいことが分かっています。

食生活や嗜好品などの生活習慣に気をつけていれば食道がんや喉頭がん、咽頭がん、舌がんなどの発生リスクは大幅に低下しますので、予防のために気を配ることが大切です。

 

↑上に戻る

【食道がん(食道癌)の症状】

食道がん(食道癌)初期にはほとんどう自覚症状はありません。
健康診断や人間ドックの時に、内視鏡検査などで発見される無症状の食道がんも20%近くあります。

食道がんの自覚症状として最初に現れるのは喉の違和感になります。

食べ物を飲み込んだときにチクチクする、熱いものを飲み込んだときにしみるような感じがします。
これらの症状はがんが進行すると感じなくなることが多くそのまま進行してしまうことが多くなります。

食道がんが大きくなってくると食道が狭くなり、食べ物がつっかえるようになります。
硬いものを食べたときや、よく噛まずに飲み込んだときなどに感じます。
さらに進行すると小さなものを飲み込んだときにも違和感を感じるようになります。

さらに食道がんが進行して大きくなると、食道が塞がれてしまい、やわらかい食べ物も喉を通らなくなってきます。
液体さえも飲み込めなくなることがあります。
食べ物が食べにくくなるので食欲が減り、体重が減少してくる事もあります。

食道がんが大きくなったために肺や背骨が圧迫されて痛みを感じるようにもなります。
また気管支や肺に癌が浸潤したときには咳や痰が出るようになります。

声を調節する神経が食道のすぐそばを通っているため、この神経ががんに侵されると声がかすれるようになります。

 

↑上に戻る

【食道がん(食道癌)の診断】

食道がん(食道癌)の場合、粘膜下層までのがんであれば術後の5年生存率は80%を越えます。
少し進んでいても手術でとりきれた場合、5年生存率は50%以上になりますので早期発見がとても大切になります。
また、早くみつかれば、内視鏡を使った治療が可能であり、開腹手術によって胃を切除する必要がなくなる可能性もあり、負担も大幅に減りますので積極的に検診を受けることをお勧めします。

食道がん(食道癌)の検診の方法としてはX線検査(レントゲン検査)や内視鏡検査が一般的です。
他にがんの拡がり具合を見るためにCTやMRI、超音波内視鏡検査などを行うこともあります。
食道がんの進行程度を正確に診断することは、治療法を選択する上で非常に重要なことです。

早期発見であれば食道がんも治る確率が高くなりますから、喉に違和感を感じたら医療機関を受診して内視鏡検査を受けられることをお勧めします。

バリウムを飲んで食道を通過するところをX線(レントゲン)で撮影する検査です。
胃がんの検査によく用いられる検査で通常は胃に重点が置かれてしまい、食道は十分に観察されないことが多いため、食道に違和感がある場合にはあらかじめ検査前に伝えておくことが大切です。

◆内視鏡検査(食道がんの検査)

内視鏡検査は先端にレンズの付いた細い管(内視鏡)を口から通して粘膜の状態を観察する検査で、無症状の食道がん、初期の食道がんを見つけるために極めて有用な検査になります。
レントゲン検査で異常が見つからなかった場合にも内視鏡検査でがんが発見されることがあります。

食道にルゴール液(ヨウ素液)を散布すると正常な細胞は茶褐色に染まりますが、癌細胞は染まらないため白く抜けて見えます。この方法で小さな癌でも見つけることができます。
確定診断をするためには、がんの疑いがある細胞を採取して顕微鏡で癌細胞の有無を調べる生検組織診断(生検)が行われます。

食道がんは50歳以上の男性で、タバコを吸い、お酒を多く飲む方の発生が極めて高いため、積極的に内視鏡検査を受けることをお勧めします。

◆超音波内視鏡検査(食道がんの検査)

内視鏡の先端に超小型の超音波断層装置をつけて内視鏡検査と同様に検査を行いますが、食道壁の断層像からがんの深達度を判断することができます。また食道の外側にあるリンパ節の状況も判断することが可能です。

◆CT検査(食道がんの検査)

CT検査(CTスキャン)はいろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影しコンピュータを使って非常に鮮明な画像を得ることができます。
超音波検査で調べきれなかった場合でもがんを見つけることができます。
周囲の臓器やリンパ節転移の有無を調べることができ癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。

◆MRI検査(食道がんの検査)

MRI検査は磁場を使っていろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影する検査です。
放射線の被曝がなく超音波検査では見分けの付きにくいがんもMRI検査で診断できる場合があります。
しかし、CT検査検査と比較してリンパ節転移などの有無の判断が劣るため食道検査では一般的ではありません。

◆PET検査(食道がんの検査)

現時点では限られた施設にしかありませんが、細胞分裂の盛んな細胞(癌)はエネルギー(ブドウ唐)を正常細胞よりも多く消費するという性質を利用した画像検査PET(ペット)が行われるようになってきました。

検査ではまず、「フッ素18」という放射性物質を付けたブドウ糖(FDG)を静脈注射します。
他の細胞と比較して異常な速さで増殖するがん細胞は多くのエネルギーを必要とし、ブドウ糖をより多く消費する性質があります。
ブドウ糖はがんの部分に集まり、それだけ放射線を多く放出するので画像で濃く見えるのです。

しかし、画像の鮮明さでは内視鏡検査には及ばないため他の検査とあわせることも重要になります。

PETを用いた検査は患者さんの苦痛がないことが大きなメリットです。

<血液検査>(食道がんの検査)

食道がんの検査に使用される血液検査と基準値を示します。
基準値は施設によって基準値が異なりますので詳しくは検査機関にお問合せ下さい。
また、これらの数値は食道がん以外の病気でも高くなることがありますので、目安としてお考え下さい。

◆SCC 基準値 1.5ng/ml以下 (食道がんの腫瘍マーカー検査)

SCC抗原は食道がん、子宮頚部がん、肺がん、頭頚部がん、などの扁平上皮癌患者の血中に高頻度に検出されることが報告されており、それらの優れたマーカーとなります。

◆CEA 基準値 5.0ng/ml以下 (食道がんの腫瘍マーカー検査)

CEAは食道癌や胃がん、大腸がんなどの消化器癌、胆道癌、膵癌、肺癌などのさまざまな臓器由来の癌に幅広く出現するため、その診断補助および術後・治療後の経過観察の指標として有用性が認められています。

 

↑上に戻る

【食道がん(食道癌)の治療】

<治療方法を決めるにあたり>

食道がん(食道癌)の治療は、医師の協力の下で治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し患者さんが最終的な治療方法を最終的に決定する時代になりつつあります。

また医療の進歩とともに食道がんの治療方法も多様化してきており、医師によって治療方法が異なることは珍しくなく、主治医以外の医師の意見を聞くセカンド・オピニオンを求めることが必要な時代になってきました。

詳しくは「インフォームド・コンセント」「セカンド・オピニオン」についてをご覧下さい。


食道がん(食道癌)の治療法は「外科療法(手術)」が中心となります。
他に「化学療法(抗がん剤)」「放射線療法」があります。
外科療法にはさまざまなものがあり、がんの進み具合(病期)やがんの部位、患者さんの年齢、合併症の有無などから判断されます。

食道がん(食道癌)の病期(ステージ)はがんの深さや転移の有無などによって分類されます。

0期

食道がんが粘膜にとどまっており、リンパ節、他の臓器、胸膜、腹膜への転移がない状態です。

I期

食道がんが粘膜にとどまっているが近くのリンパ節に転移がある。あるいは、粘膜下層まで浸潤しているがリンパ節や他の臓器さらに胸膜、腹膜にがんが認められない状態です。

II期

食道がんが筋層を越えて食道の壁の外にわずかにがんが出ていると判断された時、あるいは食道のごく近くのリンパ節のみにがんが転移していて他の臓器や胸膜、腹膜にがんが認められない状態です。

III期

食道がんが食道の外に明らかに出ている。あるいは、食道壁にそっているリンパ節か、少し離れたリンパ節に転移があるが、他の臓器や胸膜、腹膜にがんが認められない状態です。

IV期

食道がんが食道周囲の臓器におよんでいるか、がんから遠く離れたリンパ節にがんが転移している、あるいは他の臓器や胸膜、腹膜にがんが転移している状態です。

食道がんの治療−内視鏡的治療

リンパ節転移の可能性がないと考えられる早期食道がん(0期)は手術をせずに内視鏡的による切除が可能です。
ただしがんが粘膜内に留まっていても大きく拡がっている場合には内視鏡的治療が難しいときもあります。

内視鏡的粘膜切除術後は、切除した癌組織を顕微鏡で詳しく調べ、がんが粘膜固有層までに留まっていればリンパ節転移の可能性がほとんどないためここで治療は終了します。

しかし、粘膜下層までがんが浸潤している場合にはリンパ節に転移している可能性があるため放射線療法(+抗がん剤)が行われる事になります。

食道がんの治療−外科手術療法

食道がんの標準的な治療で、がんを含めて食道を手術で切除します。
適応となるのはI期〜III期までの食道がんで、IV期の場合には外科手術は行われません。

また、高齢で体力的に手術に耐えられないと判断された場合や、心臓や肺などに合併症があり手術が困難な場合にも適応とならない場合があります。

食道がん(食道癌)の場合、がんの発生部位により手術の方法が異なってきます。

また手術の結果起こる合併症が少なからずあります。
肺炎は20%程度、縫合不全20%程度、胃・肝臓・心臓などの障害が5%以下で、さらに死亡に繋がる確率は全体で2%程度あります。
手術前から合併症がある場合にリスクが高くなりますので、手術前には医師と手術をやる理由、手術の術式や予想される時間、リスクなどについて確認する必要があります。

<頸部食道がんの外科手術>

食道がんが、頸部に留まっていて周囲への拡がりが無い場合には頸部食道のみを切除すると同時に頸部リンパ節の切除(リンパ節郭清)も行います。
小腸の一部を移植して食道を再建します。

がんが喉頭(のど)の近くまで拡がっている場合には頸部食道とともに喉頭も切除し、小腸の一部を移植します。
喉頭を切除してしまうため声帯が失われ声が出せなくなります。
その場合には代用音声を用いることになります。
また呼吸機能も失われるため気管の入り口を首(頸部)の皮膚につなげて気管孔をあけることになります。

胸部の食道にまでがんが拡がっている場合には胸部食道も切除する必要がでてきます。
この場合、胃を食道の代わりとして用いる再建術が行われます。

<胸部食道がんの外科手術>

胸部食道がんの場合には、胸を大きく開いて胸部の食道全てを切除すると同時に胸部リンパ節郭清を行います。

ほかに頸部と腹部を切開して食道を引き抜く方法もありますが、食道周囲のリンパ節郭清ができないというデメリットがあります。

最近では胸腔鏡を使って開胸せずに胸の中のリンパ節を切除する方法も試みられています。
胸部食道がんでは、腹部や頸部のリンパ節にも転移をおこすことが多いので、腹部や頸部のリンパ節も郭清します。
食道を切除した後、胃を管状に成形して持ち上げ残った頸部食道とつなぎあわせます。

<腹部食道がんの外科手術>

腹部食道がんの場合には、左側を開胸して腹部食道と食道とつながる胃の噴門部という部分を切除して、残った食道と胃をつなぎ合わせる手術が行われます。

 

↑上に戻る

食道がんの治療−放射線療法

放射線療法は高エネルギーの放射線を使ってがん細胞を殺す治療方法です。
食道がんの場合、放射線療法を単独で行うことは一般的ではありません。
通常は抗がん剤と併せて行う放射線化学療法が行われます。
しかし、抗がん剤の副作用が強く出てしまう、高齢者、合併症があるなどの理由で抗がん剤が使えない場合には単独で放射線療法が行われることがあります。

また、骨への転移のための痛み、脳転移の神経症状、呼吸の苦しさなどの症状を緩和する目的で放射線療法が行われることがあります。

正常な細胞に放射線が照射されると正常な細胞がダメージを受け副作用が出ることがあります。
副作用には治療中又は治療直後にでるものと、半年〜数年後にでてくるものとがあります。

放射線の照射量には決まりがあり、無理をして大量の放射線照射を行うと強い副作用が出る可能性が高いため注意が必要です。

あらかじめ医師に照射量(一日の量と期間)を確認しておく必要があります。

【食道がんの治療(抗がん剤)】

遠隔転移などのために外科療法で切除しきれない場合や、手術後にがんが再発した場合、放射線が照射できない場合には化学療法(抗がん剤)による治療を行います。

使用される抗がん剤としては「5FU+シスプラチン(他にランダ、ブリプラチン)」が一般的です。

【食道がんの治療−放射線療法】

手術ができない患者さんだけでなく、I〜III期の患者さんにも適応できる治療法として最近注目されつつある治療法です。

この治療法は放射線療法と化学療法を同時に進めていく方法で、この療法により手術をしなくても治る患者さんが増えてきているという報告もあります。

 

放射線療法や抗がん剤を用いた化学療法では白血球減少による免疫力の低下が起こりやすいため体を清潔に保つことが大切ですし、規則正しい生活を送る必要があります。
免疫力を賦活させることが大切
です。

また、骨髄損傷による白血球減少、血小板減少、貧血などが起こりやすいため造血機能を強化することも大切になります。

→ ご相談、お問い合わせはこちらから

↑上に戻る